がん保険の保障

がん保険でよく聞く「診断給付金」があります。これが最初の1回だけの支払いという場合があります。

診断給付金には支払いの回数に対しての要件があります。
一度診断されたがん、しかし新しくがんが見つかって更に2度目の診断を受けた場合に給付金が支払われないものです。これは、回数に上限があるものやある一定期間を経過しているときには支払われるが、そうでない場合には支払われないときがあるのです。

確認しておくべきは、上限や回数といった部分です。
がんという病気は一度で済むと言うことではありません。部位が違う部分に新しく出来てしまうこともありますので、がん保険の加入に対しては、こうした条件を細かくチェックしておくことが重要になってきます。

複数回、何度でも診断給付金を受け取ることができるものこそ保障が手厚いと考えてください。
最初に契約してしまったがん保険に、更に付け足して新しい保険を取り入れることは、難しくなってきます。

がんにかかってしまったら、給付金は1度だけなのか、それとも何度でも上限なしで受け取ることができるのか、ここの部分の保障が違うことで、その後の治療や通院などにも大きな影響が出てきてしまいます。
治療に専念できる保険選びをしましょう。